名谷の歯医者さんに聞いてみた

「歯みがきは食後3分以内」

と言われていたかと思うと、

「いや、30分空けたほうがいい。」

なんて意見も聞くようになりました。

どっちやねん!

ということで、名谷の歯医者さんに聞いてみると、

「基本はすぐみがいたほうがいいですよ。」

とのこと。じゃ、なんで、「食後30分空けて」なんてハナシがあるんでしょ。と思ったら、それに該当する人もいるらしいんです。

『酸蝕症』という歯の表面のエナメル質が溶けてしまう病気の人は、食後すぐだと口の中が酸性になっているんだって。

その状態で歯をみがくと歯が傷つきやすいから、唾液で中和されるのを待つために「30分」という時間が出てきたらしい。

この『酸蝕症』、ジュースやコーラのような酸性の飲み物をひんぱんに飲んでいる人は注意が必要。拒食症などでしょっちゅう吐いている人も胃酸で歯がボロボロになったりするらしい。こわ~。

唾液って普段あまり意識していないけど、口の中に入ってくる細菌から守ってくれているんですね。ドライマウスというのは病気や加齢が原因で唾液の分泌が減る状態ですが、これに伴って口臭がしたり、虫歯が増えたり、ということがあるようですよ。


満足のいく出張撮影を東京で依頼するためのポイント

春は学生の方であれば卒業卒園から新入学といった節目のイベントが多いですし、桜をはじめとした花の楽しみを始められる季節がら様々なイベントがあるのではないでしょうか。
お子様のお宮参りなどにもとても気持ちの良い季節ですし、家族揃って楽しい写真を撮ったり、多くの方が集まって記念写真を撮ることが多い季節かもしれません。
そんな身近な出先でのイベントなどでの撮影に是非利用したいのが出張撮影で、絶好の撮影スポットの多い東京なら特にありがたい存在でしょう。
そこで、満足のいく出張撮影を東京で依頼するためのポイントを調べてみましたので少し紹介してみます。
まず出張撮影を東京で利用できるお店やサービスは様々で、比較的大規模な撮影事務所から個人の出張撮影サービスまで、幅広い選択肢があります。
例えば急な撮影依頼をしたい場合でも大規模な事務所であれば結構対応してくれたりしますし、逆にゆったりと時にわがままをお願いしながらベストな写真を撮ってもらいたいという希望に個人事務所の撮影家が経験を活かして柔軟に対応してくれるということもあるようです。
さらに東京の撮影スポットなら近場に出張撮影をお願いできるところが見つけやすいので、交通費などの費用をなるべく抑えたいと考えていらっしゃる方でも利用しやすいということもあるようです。
希望するポイントを明確にして出張撮影を頼むことが、満足のいく出張撮影を東京で依頼するためのポイントと言えるかもしれません。